ブレスレッド

ブレスレットの歴史その2

ブレスレットは、非常に古くから存在していて、古代のアッシリア人や、バビロニア人、それから、ペルシャ人、ヒッタイト人なども、ブレスレットを身につけていました。
古代人たちは、宗教的な目的でブレスレットを利用していることが多く、ブレスレットに使われた宝石は、水晶やラピスラズリなどが多かったそうです。
また、天然石のほか、動物の骨や牙や貝殻などに、穴を開けて、繋げて作ったブレスレットも発見されています。
日本においては、縄文時代に、「貝輪」としてブレスレットらしきものが貝塚から出土しています。
そして、弥生時代に入ってからは、銅でブレスレットが作られるようになりました。
古墳時代になってからは、石や金属で出来たブレスレットも加わっています。
当時はブレスレットのことを、「手纏」(たまき)や「釧」(くしろ)と呼んでいたそうです。
また、イラクでは、洞窟の遺跡から、中石器時代の腕輪が見つかっています。
トロブリアンド諸島では、大昔から腕輪を使った「クラ」という交易も行われていました。
古代は、宗教目的で使われていたブレスレットも、次第に、装飾品として身に着けられるようになってきました。
そして、1890年代になると、イギリスのビクトリア女王などが、宝石を使った精巧で複雑なブレスレットを身に着け、それが流行しています。
その後は、第二次世界大戦が終わったころ、1940年代から1950年代に、アメリカでブレスレットが流行しています。
1970年には、カルティエ・ニューヨークで、あの有名な「カルティエ・ラブブレスレット」が誕生しました。

 ブレスレットの歴史その2 

借金返済  日経225  マンションの上手な選び方  失敗しないリフォーム  注文住宅  高齢者用住宅  海外留学  畑野ひろ子さん結婚  ミスセブンティーン滝沢カレン  生理痛の原因と対策  くりっく365  派遣会社
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi