ブレスレッド

ブレスレットの歴史その1

みなさんは、普段、ブレスレットを身に着けていますか?
ブレスレットとは、英語で「Bracelet」と書き、手首につけるアクセサリーのことです。
腕輪とも呼ばれています。
最近では、女性だけでなく、男性もブレスレットをつける方が増えてきました。
男性の場合、シルバーや、木製など、また、皮で出来たハードなイメージのブレスレットが人気を集めていますよね。
現在、ブレスレットと呼ばれるものには、輪状だったり、輪の一部を切り取ったような形のものだったり、鎖状のものをつないだ物だったり、いろいろな形状があります。
そして、素材も様々で、金属や、革、植物繊維、天然石、貝殻、プラスチックなどがあります。
また、最近、よく見かける、シリコンや、ポレウレタンなど、ゴムにビーズなどを通して、伸縮を持たせ、輪状にしたものは、ゴムブレスなどと呼ばれています。
他にも、数珠ブレスや、パワーストーンブレスレットなどがあります。
みなさんも、アクセサリーショップに行くと、様々な素材のブレスレットを見かけることがありますよね。
また、時計もブレスレットのように装飾している商品があります。
腕時計の中で、鎖の部分がジュエリーのような装飾的なデザインになっているもので、ゆったりめに身に着ける時計をブレスレットウォッチと呼んでいます。
それから、バングルと呼ぶものもあり、腕の上部につける場合、アームレットと呼ぶこともあります。
では、ブレスレットは、どれくらい昔から存在しているのでしょうか。

 ブレスレットの歴史その1 

借金返済  日経225  マンションの上手な選び方  失敗しないリフォーム  注文住宅  高齢者用住宅  海外留学  畑野ひろ子さん結婚  ミスセブンティーン滝沢カレン  生理痛の原因と対策  くりっく365  派遣会社
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi