ブレスレッド

ガーネットのパワーその1

みなさんは、ガーネットと言う石をご存知でしょうか。
ガーネットは、ブレスレットなど、ワンポイントで使われているだけでも、美しい赤色がとても目立つ、天然石ですよね。
赤色をしていることで、女性らしいアクセサリーでもあります。
日本名は、柘榴石(ざくろいし)と呼ばれているように、ざくろのような、赤色をした石であり、1月の誕生石でもあります。
ガーネットという呼び名ですが、ラテン語で「種子」を意味する「granatus」に由来してつけられたといわれています。
ガーネットと一言で言っても、そのなかには14種類の鉱物が含まれているそうです。
その中でも深紅色の「アルマンディン(almandine)」と言う種類が、ガーネットとしては、一般的に普及しています。
ですから、私たちが普段、インターネットショップや、ジュエリーショップなどで見かける、ブレスレットやネックレスに使われているガーネットは、このアルマンディンでしょう。
ガーネットは、古代のローマや、エジプト、それから、ギリシャなどで、魔除けとして使われてきました。
護符にされたり、宝飾品として使われたり、ときには、切り傷の薬として、また、心臓病の治療にも使われたそうです。
ガーネット原石の結晶は、みなさんもなかなかご覧になる機会もないと思いますが、そのカット形状は、とても美しいものです。
12面や24面、また、36面体の状態で、自然界の中から発見されていますから、まさに、天然カットの宝石と言えます。

 ガーネットのパワーその1 

借金返済  日経225  マンションの上手な選び方  失敗しないリフォーム  注文住宅  高齢者用住宅  海外留学  畑野ひろ子さん結婚  ミスセブンティーン滝沢カレン  生理痛の原因と対策  くりっく365  派遣会社
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi