ブレスレッド

ブレスレットの歴史その3

2つのパーツから作られていて、自分一人では身に着けられないラブブレスレットは、誰かに固定してもらう必要があるため、恋人同士がお互いのブレスレットを付け合うことで、カップルから絶大な支持を受けました。
それから、1987年には、アメリカのテニス選手である、クリス・エバートさんが、テニスの試合中に付けていたブレスレットから、「テニスブレスレット」が流行します。
たくさんのストーンで作られた細めのブレスレットを、「テニスブレスレット」と呼ぶようになりました。
現在では、宝石などを使った装飾品としてのブレスレットのほか、低価格で気軽に身に着けられる、ヒモや、プラスチックで出来たブレスレット、また、パワーストーンで作られたお守りの意味で身に着けるブレスレットなど、様々なブレスレットが販売されています。
細い同じブレスレットを何重かにして、身につけている人もいますし、細めのいろいろな色のブレスレットを重ねづけしている人もいます。
また、チャリティー目的で販売されている、アーチストのラバーブレスなども人気があつまり、用途も使い方も多様化しています。
オリジナリティを出すために、ネーム入りのものや、ペットの写真を組み込んだブレスレットも作られていますので、こうしたものはプレゼントにしても喜ばれますよね。
特に春夏は、腕を露出させている装いなので、冬場よりもブレスレットが目立ちます。
みなさんも、お気に入りのブレスレットをしてお出かけしてみませんか。

 ブレスレットの歴史その3 

借金返済  日経225  マンションの上手な選び方  失敗しないリフォーム  注文住宅  高齢者用住宅  海外留学  畑野ひろ子さん結婚  ミスセブンティーン滝沢カレン  生理痛の原因と対策  くりっく365  派遣会社
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi